2018.03.01 Thursday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2016.08.15 Monday 16:56

    ハミガキのススメと歯周病ー猫ちゃんの場合ー

    こんにちは!  いよいよ夏本番!  めちゃくちゃ暑くなってきましたね。

     

    わんちゃんもねこちゃんも、人間も体調崩さないように気をつけてくださいね!

     

     

     

    今日は先日の歯周病のお話の続きを書こうと思います。

     

    先日のブログから診療中に歯についてのご相談をお受けすることが増えました。

     

    特に若いわんちゃんの飼い主様から、歯周病にならないように今からできることをやってあげたい!ってご相談が多いです。

     

     

    すでに歯石がいっぱいついている場合には、歯科処置を優先することもありますが、必ず必要なのはハミガキです!

     

    ただ、ハミガキって嫌がります。

     

    なので、ちょっとずつ慣らしながらステップアップさせていきます。

     

     

    最初はコレがオススメです!!

     

     

     

    <ハミガキペースト・チキン味>

     

    他にもいろんな味がありますが、院長の独断と偏見でこれが一番おいしそうなのでコレをオススメしています。

     

    どうやって使うかというと、これを舐めさせながら口元や歯に触れることに慣れさせていきます。

     

    ただ歯をゴシゴシされても、わんちゃんは嫌でしょうから、ちょっとおいしいのあげるから歯さわらせてね!ってな感じです。

     

    継続するには楽しみがないと続きませんね。

     

     

    さて、今回もデモンストレーションしてみます。

     

    モデルは〜〜〜〜〜

     

     

     

    おプーー!!

     

    プ「呼んだにゃりか??」

     

    ほらほらおいしいのあげるからこっちおいでよ。

     

     

    プ 「む。」

     

     

    プ 「むむ。」

     

     

    プ 「いい匂いがするにゃりね。」

     

     

    プ 「ペロ。」

     

     

    ほらほらもう一回。

     

     

    プ 「ペロペロ。」

     

     

     

    こんな感じで、おいしいのがもらえると認識させておいて

     

     

    そのあと、ペーストを指につけて歯をゴシゴシします。

     

    大切なのは嫌がったら無理しないことです。

     

    ハミガキ=嫌なこと のイメージが定着してしまうと何にもできなくなってしまうので、おいしいものでつりながらちょっとずつ許容範囲を広げていくイメージです。

     

     

    ハミガキが終わったら、

     

     

    おいしいのを食べれた!!って印象で終われるようにペーストを舐めさせてあげてください。

     

    今回は歯をこするところまでやりましたが、嫌がる子は口元を触らせるところから始めてみるのがいいと思います。

     

     

     

    ある程度触れるようになったら、次はこれに進むと良いです。

     

     

    <ドクタースペック デンタルシート>

     

    ガーゼを指に巻いてゴシゴシもいいですが、このシート使ってみると歯にひっかかって歯垢が取れてそうな感じがとってもします。

     

    これも慣れてきたら次はブラシですが、まずはここまで頑張ってみましょう。

     

     

     

    ぷーちゃんハミガキどうでしたか〜〜??

     

     

     

     

    プ 「 ハミガキがんばるからおいしいのくださ〜〜〜い!! 」

     

    だそうです。いい傾向だ笑

     

     

     

     

    ちなみに猫の歯周病も進行すると大変です。

     

     

     

     

     

    この子はキバが抜けてしまったということで最近歯科処置にすすんだ子ですが、口を開けるとすでに歯がほとんどなくなってしまっていました。

     

    残っていた歯も歯石がびっしり&歯と周囲の骨が溶けてしまっています。

     

    なので、この子は奥歯は抜歯となりました。

     

     

     

    抜歯と縫合をしました。

     

    猫ちゃんは他にも吸収性病変という歯と歯茎の間の部分がとけていってしまう病気もでてくることがあります。

     

    わんちゃんと比べて、猫ちゃんはハミガキのハードルは高めですが、ちょっとずつ練習してあげられると良いですね。

     

     

     

    ひとつ残念なお知らせがきてまして、このデンタルペースト今度値上がりするそうです。

     

    ちょっと先みたいですけど、業者さんにも入荷が不定期らしいので、これからやってみたい方ももう始めている方もご希望があればお早めにご相談くださいね。

     

     

     

     


    2018.03.01 Thursday 16:56

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      • - | - |

      Comment:
      2016/08/22 10:49 PM, もずとろ wrote:
      歯磨き苦手でぜひとも試してみたいのでお取り置きしていただくことは可能ですか??
      2016/08/23 9:39 AM, 院長 wrote:
      もずとろさん。
      こんにちは。了解しました。
      取っておきますね!
      二人とも好んでくれるといいですね!!
      2016/08/23 10:56 PM, もずとろ wrote:
      ありがとうございますm(_ _)m
      とろはフィラリアのお薬でさえ、食べてくれないので、やや不安です。
      もずは大丈夫だと思いますo(^-^)o
      2016/08/24 6:37 PM, 院長 wrote:
      もずとろさん
      そうですね!もずちゃんは大丈夫な気がします!
      とろちゃんは。。ちょっとずつがんばりましょう!!
      Add a comment:









       
      PR
      CALENDAR
      NEW ENTRY
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      PROFILE
      MOBILE
      LINK
      RECOMMEND
      SEARCH
      OTHER

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.