2018.03.01 Thursday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • - | - |

    2016.11.08 Tuesday 19:33

    眼科機器を導入しました

    動物用の眼科機器を導入しました。

     

    少しだけ紹介したいと思います。

     

     

    ○スリットランプ

     

     

     

     

    眼球表面〜レンズまでを拡大して観察ができ、かつスリット光(細い光)を用いることにより眼球表面〜奥までを3次元的に観察することが可能になります。

     

    一見してわかりにくい表面の問題なのか、中間の問題なのか、それとも奥の問題なのかの区別および病態把握が可能となります。

     

    高齢の子に気になりやすい白内障もこちらを用いることで、より詳細な検査が可能となります。

     

     

    ○トノベット眼圧計

     

     

    緑内障の検査機器です。

     

    トノベットは表面麻酔など必要なく、短時間で眼圧が測定できる検査機器です。

     

    緑内障とは、眼球の内圧が高まることで網膜に障害が起こり、失明へと至る病気です。

     

    人間では眼圧が上昇せずに網膜に障害が発生する正常圧緑内障が多いとされますが、動物の場合には眼圧の上昇を伴うことが一般的とされています。

     

    眼圧が上昇し始めると、急激に網膜の障害が進行していくために早期の発見が重要となります。

     

     

     

    ○倒像レンズ

     

     

     

     

     

    眼の問題、特に視覚に関わる問題は眼の一番奥、網膜の障害を考慮します。

     

    倒像レンズは網膜を観察するための器具です。

     

    特定の犬種、特にダックスフントでは進行性に網膜が障害されたり、逆にある日突然視覚を喪失したりすることがあります。

     

    また、網膜剥離(高齢の猫ちゃんに多い)や緑内障のステージ把握などは網膜の観察が必須となります。

     

     

     

    ・最近目が白い気がする

     

    ・眼が遠くなってきたのかな

     

    ・充血がひどい

     

    ・頭の周りを気にする

     

     

    などの症状があったらお早めにご相談ください。

     

     


    2016.11.01 Tuesday 11:40

    内科認定医 取得

    こんにちは。 院長です。

     

    実はこの夏に試験を受けていまして、その結果晴れて 内科認定医 の資格を取得することができました!!

     

    受験資格を得るのに最低4年かかるので開院前から準備を進めていましたが、開院後も学会参加が必須でしたので、患者様のご協力なくして取得できなかったものです。

     

     

    たびたび学会でお休みをいただいておりますが、そのたびに「しっかり勉強してきてくださいね」と送り出してくださる患者様も少なくなく、非常にありがたい気持ちで参加させていただいています。

     

     

    この度、一つの目標であった資格取得ができまして本当にうれしく、またご協力いただいた患者様、今までお世話になった師匠や院長先生方、スタッフ、家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

     

     

    まだまだ勉強したいこともありますので、引き続き学会など参加していきたいと思っております。

     

     

    < 取得資格 >

     

    ・JAHA(日本動物病院協会)  内科認定医

     

    認定医リスト

     

     

     

     

    内科認定医は現在、神奈川県で3名のみなのですが、実は1人目は私の師匠なんです。

     

    大学卒業後、初めてお世話になった院長先生でその知識の広さと深さに感動し、

     

    「なんでこういう症状になるんですか?

     

    体の中でどんな機序で病気になっているんですか??」

     

    なんてことを子供のように聞いていたような気がします。

     

     

     

    師匠には

     

    「とりあえず背の高さに達するまで本を読みなさい」

     

    とよく言われました。

     

    同時に

     

    「モギちゃんは背が高いから読まなきゃいけない量が多くて大変だな〜笑」

     

    とも言われてました笑

     

     

    やっぱり本読んでもよく理解できないところもあったので、それを師匠に聞きにいくと

     

    なんでこんなことまで知ってるの!?とばかりに色々教えてくださいました。

     

     

     

    自分の診療、特に考え方のベースは師匠に鍛えられたところが多いので、同じ内科認定医を目指し、追いつき、いつか追い越したいなと思っています。(でも未だに敵う気がしません。。。)

     

    自分が師匠に続いて2人目の認定医となれたことが本当にうれしいです。

     

    ちなみにもう一人の内科認定医 石川先生も同じ師匠から教えを受けていまして、いつも一緒に勉強してきた友人です。

     

    同時のタイミングで受験、そして合格したので、二人で合格の日は喜び合いました(^^)

     

    (石川先生これからもよろしく!!)

     

     

     

     

    これからも「ひとつひとつ ひとつひとつ」きちっと積み重ねた診療をしていきたいと思います。

     

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

     

     

     

    マーク動物病院

    院長 JAHA内科認定医

     

    毛木俊彰

     

     


    2016.07.31 Sunday 19:30

    よくある光景

    今日の病院日記です。

    まずはこちらをご覧ください。




    なんてことない受付です。

    ご来院時、またはお帰りの際はこの感じで視界に入ると思います。



    よく見ると。。。





    いたーーー!!!

    見てるーーー!!!!(≧∇≦) 

     

     


    ぷーちゃんはわりかし受付を覗いてることが多いです。

     

    特にスタッフが受付にいると。

    (でも入ってきません)


    誰が来たかを看板猫としてよくチェックしてるみたいです。



    たまに飼い主さんに気付いてもらうと、スタッフに抱かれて受付まで出てきます。

    まだ嫌がったりしますけど、だんだん慣れてきたかな?って感じです。



    ご来院の際は受付の奥のガラスの下の方見てみて下さい。

    ちっちゃいのが覗いているかもしれませんよ(^o^)/


     

    で〜〜〜〜ん。


    2016.07.22 Friday 17:33

    卒業証書

    こんにちは。  院長です。

     

     

    先日、嬉しいことがありました。

     

    当院スタッフの國香くんが、ロイヤルカナン フードアドバイザーの試験に合格したんです!!

     

    しかも1発合格!!

     

    ご飯の基礎から始まって、各臓器ごとの基礎、病気、栄養管理は何が重要なのか。

     

    この病気でこういう状態ならどのフードを選択するのがいいのか、ということを約半年かけて習っていました。

     

     

     

    ロイヤルカナンの担当さんから

     

     

     

     

     

    授与!!

     

     

     

     

    すばらしい!!

     

    よく頑張った!!國香くん!!!

     

     

     

    これで当院スタッフは全員この資格を持っていることになります。

     

     

    僕と妻は2回目の卒業なんですが、前回取得したときが5年前くらい?です。

     

    改めて今の情報を聞いてみると少しずつアップデートされていて、前回とは考え方が変わっているところもありました。

     

    (ラインナップも増えたり、逆になくなったりもしています)

     

    病気のときの食事管理はとても大事です。

     

    最近だと、慢性的な腸の病気(再発する下痢や、吸収がうまくできない病気)や食べ物アレルギーでずっと痒がってしまう子などによく食事療法のお話をさせてもらっています。

     

    これらの病気は根本が食事の内容なので、そこを変えないといくらお薬をあげても治療がうまく進まないものの代表選手たちです。

     

     

     

    気になる症状や、どうやって食事を選んだらいいんだろう?ってことがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

     

    その子に合ったご飯をご紹介させてもらいます。

     

     

     

    ではではー

     

     

    院長

     

     

     


    2015.05.16 Saturday 23:58

    ニューアイテム。

    こんにちは!
    今週は暑い日が続いて、早くも夏か!?ってな感じでしたね。

    昨日、獣医師会事務所まで用事があって短パン、半袖で伺ったら事務局の方に

    「先生、もう格好が夏じゃないですか!!? 真夏はどうするんですか!!??」

    なんて言われちゃうほどに暑かったですね笑




    さて、今日から病院の待合に一つアイテムを増やしてみました!!

    その名も「へぇ〜。そうだったのか。 検査のイロイロ」です!!



    普段診療する上で、検査をするんですけど結果をお伝えしているとオーナーさんの表情に「??」と出ていることがあるんです。

    血液検査一つとっても、やっぱり専門でない方には馴染みのないことだと思いますし、「先生の言うことだから」とご信頼いただいてさせてもらっているのだと思います。

    でもできれば、少しでも何を目的にどんな検査をしていて、どういう状況なのかを納得していただきたいと思いましてこのようなものを作成しました。







    血液検査、尿検査、レントゲンや超音波検査など、一般的に行われている検査について読みやすく説明させてもらった冊子です。


    なるべくわかりやすく、とっつきやすいように考えて作ってみました。

    診察までのお待ちいただいただいている時間、ちょっ散歩ついでにちょっと避暑している間なんかに読んでいただけると幸いです。


    なんでこの検査が必要なのか、その検査で何がわかるのかなんてことをちょっとでもイメージしてもらえたら嬉しく思います。



    犬待合の棚に設置してみましたので、是非一度お手にとってご覧ください。




    それでもって、感想伺えると励みになります^^



    院長
    続きを読む >>

    2015.04.07 Tuesday 10:21

    第1回フードセミナー開催レポ!!


    先週の土曜日、当院で初めての教室を開催してみました!


    以前にもこちらでご案内させてもらっていた

    『 消化率ってなんだろう? 』 by ロイヤルカナン

    です!




    フードの製造工程からライフステージ毎の食事のケア、肥満について、食事で変わる便や皮膚の変化など、

    食事がもたらす健康への影響を軸に1時間お話してもらいました。


    なにぶん初めてでしたので、どうなるか不安でしたがセミナー中も質問をよくいただいたりして少人数制ならではの対話型の教室になりました ^o^






    教室終了後に少しお菓子をつまんでいただきながら、簡単なアンケートにご協力いただきましたが、皆様の関心が高かったのは

    肥満、しつけに関することが多かったです。


    私からも自宅でできる肥満度チェックの方法をご紹介させてもらったりしました。


    セミナー内容自体も好評価をいただきまして、やって良かったと思える教室になりました!!





    また役立つ教室を企画したいと思いますので、その際には是非参加してみてくださいね!!
     

    2014.10.07 Tuesday 18:12

    食事療法

    こんにちは。院長です。

    今日は院内勉強会として、ロイヤルカナンさんにフードセミナーをお願いしまして受講しました。


    というのも、食事療法は治療において重要なものと考えているからです。

    何かのCMでありましたが、「からだは食べているものでできている」という言葉はその通りだと思いますし、

    医学的な面から考えると、体の免疫力の60%は胃腸に存在しているので食物が体に与える影響は大きいということが推定できます。


    (病院で配布している「からだ地図」の一部です)

    診療をしているとアレルギーを疑う症状の子も多く出会いますが、食物から皮膚炎になったり、腸炎になったりと食事の重要性を再認識させられることも少なくありません。
    今では尿石症用のフードだったり減量用のフードだったりジャンルが多岐にわたっている上、さらに減量用フードの中で細分化されたり、こんなの発売します!って聞いただけでは把握しきれなくなっています。

    なので、どんな理論でフードが作られているのかちゃんと納得しておきたいのでメーカーさんにセミナーをお願いしました。


    実は3年前に一度、ロイヤルカナンさんのセミナーをすべて受講して、テストを受けてフードアドバイザーの資格はもっているのです。(全く表に出してませんが。。。)



    でもそれからも新しいフードが増えているので継続教育ってことも含めて一から受け直すことにしました!^^)v
    もう一回テスト受けたいですって言ったらちょっとびっくりされてましたけど笑

    改めて受講していると、新しい発見も多かったり、以前は気が付かなかったことを質問してみたりととても有意義な時間でした。


    ちゃんと合格できるようにがんばります(o^ ^o)

    あ。。この資格、手作りフードの栄養管理とはちょっと違うものなので悪しからず。。。。

    院長でした。
    続きを読む >>

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.